HOME > About Us > 沿革

Engis History − 沿革

エンギスでは、お客様の要求に応えることから全てが始まります

1938年にジュリアス・スタインドラーによって創立されたEngis Corporation(エンギス社)は、産業界において完璧な超砥粒仕上げシステムの主要メーカーの一つとして認知されています。

当社は、第二次世界大戦の終結を早める為に役立ったと信じられているノルデン式爆撃照準器をラッピングし、その精度を最終的に改善するために、工業ダイヤモンドを含むコンパウンドの開発を目的として設立されました。

それは、Hyprez(ハイプレス)という商標名を確立した時でした。スタインドラーは、EngisとHyprezの両方が高精度で高品質の製品の代名詞であると主張しました。

1979年にエンギスは米国のHelical Lap Company社を買収するとともに カナダに営業所を開設しました。世界的に認知されるための第一歩として、エンギスは 1983年に日本に製造及び販売拠点を開設し、韓国、香港、シンガポール、及び英国にも同様に開設しました。中国北部のお客様へサービスを充実させるために、2004年には北京に代理店を開設しました。

今日でもスタインドラーの教えを忠実に守っているエンギスグループ各社は、お客様の製造アプリケーションを実現する優れた製品と技術をお届けしています。