HOME > Products > ラッピング装置 > EJ-380ISR-TETRA

EJ-380ISR-TETRA

EJ-380ISR-TETRA

エンギス社が長年培ったラッピング技術の豊富な経験と知識を活用し、日本エンギスは擦り合わせ作業を機械化した球面研磨装置「EJ-380ISR-TETRA」(テトラ)の独自開発に成功しました。この革新的な球面研磨装置テトラを使用すれば、斜板型アキシャル ピストン ポンプの心臓部であるシリンダーブロックとバルブプレートの合わせ面を研磨するために採用されていた「擦り合わせ作業」を機械化することができます。テトラは、従来の擦り合わせ作業では研磨加工が不可能だった異なる粗さを持つ合わせ面や異なる球面形状等、特殊な仕様を持つ表面の研磨加工に最適です。このテトラが提供する安定した研磨加工性能と特殊研磨ツールを採用することで、シリンダーブロックとバルブプレートのより高いコンタクトレシオ(接触効率)が保証され、ポンプの油圧効率を向上させるだけでなく騒音を最小限に抑えることができます。

テトラ専用ツール

・ジェルタイプ ダイヤモンドスラリー
・球面形状Hyprez® ラッピングプレート
・鋳物マスタープレート
・ポリッシングパッド及び貼付けプレート
・比較対照式球面測定ゲージ

また、シール面、斜板、及びピストンシュー等の
平面加工には片面ラッピング装置を採用しています。